Googleの「みんなのビジネスオンライン」公開について思うこと。

2011/09/14
CATEGORY : 天一以外
このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさまこんにちは。シブタニエイジです。

今現在もっかiPhoneアプリ【iOkonomiyaki】のアップデート作業中なのですが(今月中にはリリースできるよ!)、ちょっと気になったニュースをはてブで見つけたのでエントリ。

IT戦士(?)ならすでにご存知、『みんなのビジネスオンライン』です。

天下のGoogle先生が運営してるWEBサービスなんですけど(他にKDDI,Jimdo, etc..)、それについて思うことをツラツラと書こうと思います。

 

みんなのビジネスオンラインって何?

まず、どんなサービスかと言うと、

「日本国内で9000万人がインターネットを利用」

「一方、国内企業の99.7%が中小企業」

「しかし、コストとか労力の問題から中小企業の76%が自社サイトを持ってない」

「なら、簡単にコストかけずにウェブサイト作りを支援するよ!」

と、こんな感じです。

ぶっちゃけよくある”ウェブサイト作成サービス”なんですが(Jimdoも昔からやってるような)、それを中小企業、ビジネス向けに特化した感じ?

ビジネスに特化っていうか、ターゲットとして狙いやすいから無理やりそこのハメにいってる気もしなくはないですが。。

とまぁ、当然Googleさんが運営してるので、サイトを開設した後もSEOとか色々やるべきをとを明示してくれているので、悩んでた販促担当者さんにとったらかなり嬉しいサービスじゃないでしょうか。

他にも、Googleパワーでバズが拡がりやすいですし、その内、活性化を目的とした中小企業のポータル的な仕組みの導入も考えているんじゃないでしょうか。

何にせよ良いサービスです。

 

得をする人がいればその裏側で損をしてる人がいるってことで

って、「みんビズ」の宣伝をしたいわけじゃなくて。

もちろん、良いサービスなんで喜ぶ人たちはたくさんいるんですね。
でも、その裏では困る人たちもいるんです。

ご察しの通り、WEBデザイナの人たちです。

ちょうど1年くらい前にAdobeがリリースした「ProjectROME」ってのがあってですね。Flashとか、AIとか、PSとか、DWとかがすべて簡易的に一つになって、さらには名刺とか雑誌とかサイトのテンプレまでも用意されてて、非デザイナー向けの超絶便利なアプリケーションです。

その時も今回と同じようなことを感じたんですね。

「あ、これはデザイナー殺しだな」って。

誰もが知ってるような大企業さんはクオリティを重視されてて、こういったサービスを利用することはないので、そういったクライアント様とお仕事をされている人たちは大丈夫なんでしょうけど、実際、中小企業とお仕事してる人たちにとったららまったもんじゃないですよ。コレ。

って、だからと言って「やめろよ!Googleさん!」とかそんなことが言いたいんでもなくて。

要は、今更こういったサービスが出てきたからって、うろたえてんじゃねーよ。バーカ。

ってことなんです。

 

タバコ屋が潰れていくのはタバコ税だけのせいじゃない

ハッキリ言います。この「みんビズ」のニュースを見て、やべぇやべぇって言ってるWEBデザイナの人たち。あんたたちはバカだ。

私は、タバコ屋が潰れていくのはタバコ税の増税だけじゃないと考えています。

例えば、今現在も何百円か上がるとかそんな話がありますよね?それに対して

「困るわぁ〜かなんわぁ〜あげんといて欲しいわぁ〜」

とか言ってる人と

「愛煙家ターゲットに新しい事業をはじめよう」

って頑張ってる人。この2通りの人たちがいると思います。

前者は話になりません。与えられた情報の中で未来を考えようともせず流れに身を任せるなんて愚の骨頂です。ハイ。やべぇやべぇ言ってるWEBデザイナの人たちがコレです。

デザインなんて超受注仕事がどんどん縮小していくなんてことは、リーマン・ショック後の世界の動きを肌で感じてたらバカでも予想できることなわけで。いや、学生でも薄々感づいてる。

それを「なんとかなるんじゃね?」って見を任せて今更やべぇやべぇ言ってるなんて、何度も言いますがバカやろうです。

とまぁ、私が受注仕事を見限ったのもズバりこういう理由なわけで。
世の中がどんどん便利になって、WEB上を軽く検索すればデザインのテンプレなんて山ほど転がってるわけで。

誰が何十万もコストかけてサイトを立ち上げるの?って。
デザインもそれなりにクオリティ高いテンプレ揃ってるし。

 

以上です。バカとか書きましたが該当してても煽らないでください。

とまぁ、そんな感じで、今の世に出回ってるいろんな情報を元に、自らが進むべき未来をきちんと予測しましょうって話です。

降水確率90%で傘を持たないなんてことはありませんよね?

それと経済もそれと一緒なんです!なんて大げさなこと言って締めてみる。

 

今回の一言

時事記事初めて書いちゃった。
炎上しませんように。

コメント
  • 丑三つ時にこんばんは!
    ツイッターでお世話になっております。yokonです。
    自分の事業名を検索したらfriendfeedを見つけました。
    シブタニさんが作ってくださったのでしょうか?はっきりいって
    私のような者のfeedを購読するだなんてお気のど・・・・
    いえ、ありがとうございます!

    それでこのみんビズについてですが
    確かに新しいものが出てきたとき、どうしよう~ではなくて
    じゃどうしたらいいかなと考えるほうが建設的ですし楽しいですよね。

    しかし、Bindがバージョンアップしてじわじわ来た数年前
    あるデザイナーの先生に、こんなのが出てきましたね。
    とお話をしたところ、そんなの世の中にたくさんあるし
    それはブログのデザインを教えるの本のようなものだと
    おっしゃっていてそのお話にとても納得しました。
    (意味わかりますか?)

    多分、一般の方が自分で頑張って作っても、素人っぽいサイトが
    出来上がる可能性が高いです。結局はサイトレイアウトやデザイン
    部分でプロの手を借りなければならないと思いますので
    これを怖がるデザイナーはいないのではないでしょうか。

    むしろ、デザイナーよりもデザインが出来ない制作会社の方が
    値下げ競争に巻き込まれるので脅威ではないでしょうか。

    ちなみに私も通常のサイトリニューアルのご依頼のお客様から
    お話の最終段階でじつはみんビズに興味があるんだけどやってみない?
    と言われたのですが、どう考えても、とりあえずHPをもつ人向けの
    サービスなのに、リニューアルでさらに上を目指している
    その方には合わないと思ったので率直にお伝えしたところ
    リニューアル依頼そのものがなくなりました。
    でも全然後悔していませんよ^^

    2012/01/09 02:30 | yokon

  • はてはて?friendfeed?何のことでしょうか…。私じゃないですね。。すみません。。

    ともあれ貴重な御意見ありがとうございます。
    はてブ界隈がみんビズで持ちきりだった頃に書いた記事なんでどういう想いを乗っけて書いたかあんまり覚えてないんですけど、

    >多分、一般の方が自分で頑張って作っても、素人っぽいサイトが
    >出来上がる可能性が高いです。結局はサイトレイアウトやデザイン
    >部分でプロの手を借りなければならないと思いますので
    >これを怖がるデザイナーはいないのではないでしょうか。

    ん〜どうでしょうか…。記事にも書かせていただいた通り、クオリティを気にされるクライアント様をお持ちなら脅威にはならないでしょう。でも中小企業や個人業者をクライアント様にお持ちの”経営者”なら怖がった方がいいと私は思いますよ。危機管理という意味で。

    私がもし中小企業の担当者なら自分でデザインできないにしろ、一度は試してみると思います。それで何十万という経費がうくのなら。仮にできなくても、無料というところが予算を引き下げるネタにもなりますし。「あっちはタダでサーバもデザインもできるのに、この見積もりなんでこんなに高いねん!?」とか無茶言われたら、お断りするか値下げするかのどちらかですからね。おっしゃっている値下げ競争もデザイナーに関係のない話じゃないと思っています。

    さらに付け加えると、私の経験則ですが中小企業や個人事業の方のほとんどが、

    デザイン < 経費

    という考え方です。よいデザインにしたいという考えはお持ちながらもお金はかけられないという考え方の人がほとんどでした。
    実際、リーマンショック以降は例え大手クライアント様でも内製に切り替えられ、仕事がなくなることも多々ありましたしね。

    とまぁ、長く書いてしまいましたが、yokon様のおっしゃる事を否定したいわけでもなくて「危機管理の一環として経営者なら多少は気にしたほうがいいんじゃないの?と言いたいだけの記事」ということが伝わればいいかなぁと思いまして。。

    2012/01/09 03:02 | EijiShibutani

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

© 2013 THE AGE