今更!マダムシンコ大丸梅田店に行ってきた。

2012/02/23
CATEGORY : 天一以外
このエントリーをはてなブックマークに追加

お◯んこぉぉぉぉぉ!!

ごほん。失礼。twitterやFacebookで色んな人と繋がりすぎてまったく下ネタをつぶやけていないのでここで爆発させました。どうもシブタニエイジです。

さて、先日、祖母の7回忌で実家の徳島に帰省しておりまして。そう言えば正月に帰省した時に一枝(ママン)が「あんた。あれ。あの、バーム…クーヘン?あるやん。マダムなんたら。テレビでよう見るバームクーヘン。まだむクーヘン。」とか言ってたのを思い出したので、帰省ついでにお土産として買って帰ることにしました。

かく言う私もいまだ食したことがなく、TVショーで今は亡き紳助兄やんが胡散臭く絶賛する姿は滑稽ながらも私の「気になる中枢*」を良い感じに刺激し、今回の一枝(ママン)の提案はお互いの利害関係が一致したと言わざるを得ないわけなのです。
※気になる中枢…元デザイナの職業病。トレンドにあがる商品等は逐一チェックしてるのです。

とりあえず舐めてたよ。マダムシンコ。

ショップのある大丸梅田店B1Fに着いたのはAM10:30頃。行列が絶えず予約何ヶ月待ちと聞こえていたのは、TVショーで紳助兄やんが興隆を極めていた1年以上前の話。

まぁ、さくっと買えるだろ。と考えていた私の甘い思考は脆くも崩れ去り、それはもう、チョコラテのようにとろけるような甘さなわけで。

立ちはだかるは人。人。人。人という壁に遮られ、商品の一つも見えやしない。かろうじてファサード的な部分に「MADAM SHINCO」の文字は確認できるが、果たして本当に、壁の向こうに商品が存在しているのかも謎である。

そんな疑問も持たず、何のリスクも顧みない、大阪のおばはんパワーはとても偉大で、写真では伝わりきらないが、この右側にある非常出口外まで長蛇の列は続いており、ゴングと同時に右ストレートをチンに喰らったような衝撃をいただいたわけで。せめてボディにしてよ。

しかしながら意を決し、並ぶことに決めた私は、iPhoneの充電を確認すると今もっともはまっているアプリのSuperBitDashに打ち込み、なんとGameCenterのランキングで2位まで昇つめたわけで。

元来ゲーマーな私はとても負けず嫌いで、それは現在の私の性質を形成したと言っても過言では…おっと話が脱線してしまいました。

30分は並んだでしょうか。まだまだ行列の半分も進んでおらず、この行列の秘密は、ただ単純に人気があるだけではなく、その商品の調理法等に所以する非効率な面が関係しているんだなと確信。しかしながらその非効率な調理法が、唯一無二の人気商品を生み出しているのは言うまでもなく、それら全てを理解したうえで、あえて行列を作っているのなら、それはまぁ見事な経営手腕だな。シンコさんよぉ。などと考えている矢先、シンコ側かあ思わぬサプライズが。

ダンディーで紳士なスタッフさんからのカイロの差し入れ。

ちくしょー。あったまるじゃないか。使ってないけど、心までポッカポカだぜ。

で、このあと1時間くらい並んでようやく一番人気で超定番の「マダムブリュレ」を購入。そのままの足で実家へと帰省していくのでした。

いよいよ試食レビュー

普段、昼過ぎまで寝ている私にとって午前中の行列は相当な肉体的ダメージを私に与え、かつ電車〜フェリーという移動経路は私の精神にも多大なダメージを蓄積、実家へと帰省した私は、一枝(ママン)にスーパーお土産「マダムブリュレ」を手渡すと、任務完了と言わんばかりにそのままダウン。お楽しみは次の日に持ち越しだ。

TVショーでお馴染みの、ヒョウ柄とショッキングピンクの大胆なパッケージを拝むのが楽しみだぜ。

□T

そりゃないぜ。一枝さんよぉ。

今日のひとこと

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

© 2013 THE AGE